流浪の販売員のグルメ紀行vol.2富山市「柳の下 末弘軒 本店」〜ワンタン麺〜


はじめに言っておくと、二回続けてラーメンを取り上げているから、ラーメン好きかと思われそうですが、1番好きな麺類はうどん。その次にパスタのへっちーです。

今回は衝撃の富山ブラックを食べた翌日、グンゼ富山さんをお伺いした時に食べた柳の下 末弘軒 本店です。

グンゼ富山さんの周りは繁華街というより、城址公園が近くにあることもあって、落ち着いた場所にあるので、飲食店を探すのに苦労。

その中で、スタッフさんからの情報で近くにあるのがラーメン屋さん。

2日続けてラーメン…

抵抗はあったものの、聞くと、いたってシンプルな王道醤油ラーメンの味だそうなので、まぁ富山ブラックとは別モノだなと思い、食べる事に。

なんでもワンタン麺が看板メニューだそうなので、これまたあまり食べない珍しいモノなので、早速注文。 

麺は手打ち麺!

手打ち麺のラーメンもだいぶ久々だったので、これまた嬉しい。

スープはまさしくあっさり醤油の ザ・王道!

こってり系が多くなっている今のラーメン界だが、やはり昔ながらの味に限る!

これでいい^_^

そしてワンタン

絹のような柔らかくやさしい食感で口に入れた瞬間、すぐ口の中で溶ける!

正直、ワンタン麺の常識を変えるくらいワンタンの食感に衝撃を受けた!

意外なとこに名店発見!

次回グンゼ富山さんにお伺いする際また行きたいと思います。