琵琶湖 一日目② 慶雲館


長浜の鉄道資料館の目の前に「慶雲館」があり、5月30日~6月14日までさつきの盆栽展が開催されていました。明治20年、明治天皇の京都行幸に際し、当地の富豪・浅見又蔵氏が明治天皇の2時間休憩の為に行在所として建設しました。約200坪の壮大な庭園には、なんでも大きい物が好きらしく、正門をくぐると直ぐ右側に、自然石の巨大な大灯篭。高さ約5m、推定重量は20t。左側には、日本最大の芭蕉の句碑「蓬莱にきかはや伊勢の初たより はせを」。高さ5m、重量は10t。ここの巨石のほとんどは、大津市(旧志賀町)から琵琶湖上を船で運ばれたと伝えられています。どうやって運んだのでしょうか?かなりの重量です。あと横綱像もありました。角聖と尊称される明治の大横綱常陸山だそうです。まずは巨大石からの紹介です。

IMG_0690

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0705

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にさつきの盆栽展です。素晴らしい物がたくさんありました。2階には両陛下をお迎えする為に「玉座の間」がありました。目の前に見えるお庭と琵琶湖を眺めながら何を思われたでしょうか。

IMG_0691

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0693

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0701

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0696

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0697