長崎放浪記〜軍艦島編〜


二日目午後、この旅最大のイベント、世界遺産の軍艦島へ行く!へっちー一番行ってみたかったスポットがこの軍艦島!ワクワクが止まりません!\(^o^)/

 
この船で向かいます
 
天気が良いからクルージングも気持ちいい!

乗ること1時間ほどで…

   
見えてきました!

軍艦島!

ものすごい存在感です!

 
近くに来るとため息を飲むほど、圧倒されます。

   

上陸!

奥にあるのが小中学校だった建物です。

 
こちらは住居です。

なんでも、日本初の鉄筋コンクリートマンションとのこと。

この小さな島に、当時の最先端の建物、そしてプール、パチンコや映画など、娯楽も豊富だったようです。

当時最大人口は五千人ほど。人口密度は今の東京の何倍もあり、かなりの賑わいを見せていたらしいです。

   
栄枯盛衰

この島で石炭が取れ、栄えていくも、石炭から石油へエネルギー革命により炭鉱を閉めなければならない。

時代の流れで、数年足らずでこれほど街は変わっていくのかと、感慨深いものです。

  

コンクリートって、何も手入れしなければ、これほど、朽ち果ててしまうのですね。ここ数年、大きな台風が来るたび、堤防や建物が崩れ、見学するにも、補修作業を行っているようです。

その度に、ツアーが中止になる期間が一か月かかることを珍しくないとのこと。

世界遺産になってもこの先、上陸できなくなる可能性もあるそうです。
この日は雲ひとつもない快晴。1年でも滅多にない最高のコンディションだったとのこと!かなりラッキーでした。\(^o^)/
天気に感謝し、その余韻に浸りながら、軍艦島を後にしました。

つづく